オンライン麻雀ゲーム初心者のための30分で覚える麻雀入門
ルールを知らない人でも、オンラインの麻雀ゲームがすぐにプレイできる!

トップページ > 役の複合について学ぼう!  



役の複合


役の複合について学ぼう!


前にも書きましたが、麻雀は一撃必勝の難しい役を狙うのではなく
安い役の複合やドラでポイントを加算して、高得点を狙うゲーム。
そのことを表現した言葉が「メンタンピンツモドラ」です。

メン=メンゼン(この場合リーチを意味する)
タン=タンヤオ
ピン=ピンフ(平和)
ツモ=ツモ上がり(ロンではなく自分で引いて当てる)
ドラ=ドラは1つで1ハンの価値がある重要なボーナスポイント

これは最低限の1ハンの役でも、複合されれば高得点になるという”教訓”であって
もし、清一色などの高得点役が少しでも狙える手配を持っているのなら
メンゼンにこだわらず、鳴きまくってでも、清一色を取るべきです。
あくまでも私の個人的な意見ですが、オンライン麻雀(特にハンゲーム)では
ピンフや一盃口などの1ハンのメンゼン限定役は、狙わない方がよいと思います。
オンライン麻雀は、基本的に鳴きまくる人が多いので
よほど高得点が狙える手配に恵まれたのでなければ
さっさと、ドラと役牌を複合させたホンイツ、又は
ドラとタンヤオを複合させたサンショクで上がっちゃった方がいいです。
1000点とか、安い役ばかりで上がると、チャットで文句を言われるので
自分が親でない時は、最低3ハンないと上がらないことにしています。
あと、4,5,6牌(数牌の4〜6は真ん中なのでロンされやすい)は
終盤、投げてくれないのに、1,9や字牌は平気で投げる傾向にあります。
そのため、字牌の単騎待ちが、結構決まりやすい。
そして、私が今までに1番多く目にした役満は、国士無双です。



初心者の方でも、役を一通り見てもらったらわかると思うのですが
一盃口⇒二盃口 三暗刻⇒四暗刻 小三元⇒大三元 のように
ある役がさらにグレードアップして高得点になっている物がありますよね?
点数が高い方の役は、安い方の役に対して「上位役」と呼ばれています。
この上位と下位の関係にある役は、両方成立してるのにもかかわらず
上位役の得点だけしか入りません。
わかりやすく例えると、ドラクエで、メタルスライムがたくさん出てきて
それらが合体して、メタルキングになったとします。
もし、倒しても、メタルキングの経験値は貰えますが
メタルスライムの経験値は貰えないのと一緒のことです。

複合しない例は限られているので、特に難しい問題ではありません。
あと、オンライン麻雀は、自動的に点数を計算してくれるので
初心者のうちからがんばって細部まで覚える必要はないです。
私も最初は、得点は気にせずに、上がることだけに集中していました。
麻雀は、実践を続けていくうちに、自然と身についていきます。


【複合しない事例】

  上位役 下位役
@ 二盃口  一盃口
A 清一色   混一色
B 純チャンタ チャンタ
C 混老頭  チャンタ
D ダブルリーチ リーチ

上位⇔下位の関係ではないのですが
二盃口は、牌を並び替えると七対子にもなりえます。
この場合は、複合せずに、点数が高い方の二盃口の得点のみとなる。

役満は、役満より下位の役と複合することはありません。
ドラも加算されません。
一律で、親→48,000点 子→32,000点です。
役満同士が複合した場合は、「ダブル役満」となり、得点が倍になります。




30分で覚える麻雀入門 トップページ | 運営者情報 | リンク集
CopyRight All Rights Reserved by 30分で覚える麻雀入門